NC7_MOP_MP

nc7_mop_mp

◎Alpari10v2MAOPの弟分MAOP_7 v2 を搭載したモデルです。 Xmax(振幅距離)4.5mmのロングストロークとMMS(駆動部総重量 )の驚異的な軽量コーン。 さらに薄い100μmmのコーンでスムーズで繊細。細部を表現する低域を再生します。
MAOP7v2の特筆すべき特長は32000Hz(±6dB )までフラットに再生するという驚異的な高域特 性を誇ります。今まで経験したことのないリアルで繊細な音楽表現とスピード感サウンドをお楽しみく ださい。

◎MAOP(Micro-Arc Oxidation Process)世界初のコーン処理
この処理はアルカリ電解槽の溶液に強電圧(700v)を長時間かけて、アルミマグネシュームの合金の表面を 酸化結晶化するプロセスを意味します。この結晶の作成工程は従来の陽極酸化処理にくらべ、より高い電圧で 長時間かけて複数回処理するため、数カ月の時間をかけています。
MAOP の効果は左写真のようにコーンの表面が柔軟な無数の結晶とその間に気泡のある結晶体に変化します。 このMAOPの処理は5層になっており、うち3層がこの酸化結晶化処理のくり返しで、平均20ミクロンの厚さの右 の写真の様な表面になっています。
このMAOPの効果はメタルを使用したコーンはその表面を伝って通過する10%以上と言われる音の共振波を ダンプする事にあります。従来のメタルコーンでは、この表面を通過するマイクロレゾナンスパターンはそのままフレー ムに伝わっていましたがこのMAOP処理による結晶体が今まで不可能であったメタルコーン自体で吸収しパルプ 振動板に近いダンピング効果を実現しています。 これが非常に平坦な周波数特性を実現し、「静かなドライバー」と言われる所以です。

製品仕様
■形式: NC7_MOP_WN, NC7_MOP_MP, 他
■ドライブユニット: Alpair7MAOP/ Pluvia Seven(オプション)
■再生周波数:55 Hz – 32,000 Hz
■最大入力:30W (cont.)
■出力音圧レベル:86dB/1w@1m
■定格インピーダンス:5.4Ω
■Mms=3.90g
■Xmax(1way)4.5mm
■寸法:(幅x高さx奥行き):190 x 360 x 250 mm
■重量:5.8 kg

プション
(1) ユニット:Pluvia Seven(写真左側)に変更が可能です (2) エンクロージャー:ハードメープル(バッフル、天板)と北欧バーチ
積層合板(側板、底板、背板)のハイブリッドへの変更が 可能です(価格については、お問い合わせ下さい)

◎在庫切れの場合、納期は一ヶ月ほどかかります。

スタンドはオプションです。

 

フィディリティムサウンドオリジナルスピーカー

NatureCollection NCシリーズ

MarkAudio MAOP7ユニットを使用し、キャビネットは無垢のハードメイプル材。

塗装はウレタンとオイルフィニッシュを選択可能です。

販売価格 145,000円 税込 ペア