SPYAIRのレコーディングエンジニア

SPYAIRの音質の秘密をちょっと調べてみました。

センスと技術の良いレコーディングエンジニアの方が付いてるのかもと調べてみると…

渡辺敏広さんがSPYAIRのほとんどの楽曲をレコーディングされているみたいですね。

メンバーもインディーズの頃からずっとお世話になっていると言ってました。

レコーディングスタジオはprime sound studio formですね。

コンソールがSSL 4000G PR_TR/64chみたいです。マンションが買えるくらい高いみたい。

電源ラック

ケーブルの引き回しにこだわっています。ラズパイを導入後ケーブルがぐちゃぐちゃだったのでラックを購入して機材を立体的に配置し電源系ケーブルと音声系ケーブルが接しないようにしてあります。

この辺をきっちりやると音質は全然違ってきます、機材のホントの音が聴けると思います。料理でアクをしっかり取ると素材の味がわかるのと似ていますね。

電源ケーブルの平行線などもまとめてツイストしてノイズ対策を施しています。音が濃くなっているので効果があったようです。

ラズパイ4の音質

11月末にRaspberry Pi 4Model Bの日本国内技適対応版が発売されましたが…

ラズパイ3B+のときはliteMPD対応が発売から数ヶ月後だったのでラズパイ4も慌てて買うことないか、ラスパイ3B+の音質に満足してるしと思ってたら、なんともう対応してきたとの情報が。

しかも想像以上の音質だと。

そんなわけで慌てて発注。

ラズパイ4は爆熱との噂ですのでケース全体がヒートシンクになっているものを購入。電源ケーブルがUSB typecに変更になっていますので購入しました。

今回もディストリビューションはliteMPDで行きます。

ラズパイ4の音質ですが…3B+とは別物です。

音が濃く繊細で音のスピードが違うというか立ち上がりが良いです。低音の出方が全く違います、カチッと芯のあるしっかりとした低音です。プレーヤーだけでここまで低音って変わるの?

今後3B+に電源を入れることはもう無いでしょう。

SPYAIR やろまいTV

9月末に秋葉原界隈で撮影した動画がSPYAIR会員サイトで公開されました。

会員サイトなのでスクショをちょこっとだけ

SPYAIR BANDE TRIAL

先日、長野市のライブハウスJで開催されたSPYAIRのベースとドラムのメンバーによるBANDE TRIALへ行ってきました。

日本のロックバンドとしてはとても高音質なのでレコーディングについて軽く質問した所、オープンリールでのアナログ録音にこだわっていて数千万円の卓でミックスしているとのことでした。

音質にかなりこだわっているみたいですね。先日VocalのIKEさんとお話したときもヌケの良い音が好きだと言ってましたし。私がSPYAIR好きになったのもその辺の好みが合ったからなのかも。