LANアイソレーター

ノイズ対策でいろいろ調べていると、LANアイソレーターが効果的らしいと知ります。

ありがたいことに基盤を配布されている方がいます。

LANアイソレーターですが、パルストランスを内蔵したRJ45 LAN端子をLANのシステムに挟むことによりノイズとアースループ対策になるようです。ラズパイのLAN端子を交換しちゃえば良い気もするんですが、本体側はあまりいじりたくないので配布基盤パスルトランス内蔵RJ45端子を購入し手持ちの余ってるLANケーブルを使ってLANアイソレーターを作りました。

音質はというと大きな効果がありました。静かになり音が軟らかくなります。

ルーターの電源をアナログ電源にしても電源は共有してるから、アースはループするのでノイズの原因になるし、Wi-Fi自体がノイズ源なのでLANケーブル経由でノイズが混入しちゃうんでしょう。

アナログ電源を追加

中華アナログ電源を追加しました。

DACとラズパイ本体の電源を共有しているのは良くないとI師匠から指摘されまして…よく考えてみればノイズがラズパイから混入するしアースがループするよな。

電源を分けた効果はというと劇的でした。

濃厚で、静かで、繊細で、低音は力強く、これがラズパイオーディオの本当の実力か…マスター音源はこれに近い音なのかなと思わせる音です。

さらなる上を目指すにはもうバランス入力のアンプにするしかないかな。

USBターミネーター

USBの空きポートに挿すとノイズ対策になるらしいですが、市販品は一個一万円を超えてたりします。

ありがたいことに基盤を配布されている方がおられますのでその基盤とUSB端子・抵抗・フィルムコンデンサを購入して自作します。手持ちのフィルムコンデンサを使っていろんな仕様のUSBターミネーターを作ってみました。

完成したUSBターミネーターを使ってみると…微妙です。

挿すと静けさが増す気がしますが、ほんの僅かな差。おまじないレベルか?

どうやらUSB端子流れている電気はアナログ電源の電気そのものなので電源がクリーンだとあまり効果が出ないみたいです。ということはスイッチング電源の方には効果大きいと思われますので、諦めずにぜひ導入してみてください。

ラズパイ本体の聴き比べ

Raspberry Pi 3B(以下ラズパイ)を借りることが出来ましたのでラズパイ3Bとラズパイ3B+をDACを差し替えて聴いてみます。

借り物で条件を完全に同じに出来ないので正確な聴き比べにはなりませんが参考程度になるかなと思います。

実は一番確認したいポイントがあります。

ラズパイのUSBストレージ再生はNASストレージ再生に比べて音が悪いとの評価が一般的であるらしいのですが、うちの環境ではUSBストレージの方が繊細で高音質なので一般的な評価とは異なっています。

調べてみるとUSBのチップが変更されているらしいのでこの辺が影響しているのかなと思われます。

ラズパイ3BにDAC・電源・OSなどを差し替えてUSBストレージで聴いてみると・・・音が薄っ!

あまりの音の違いに慌ててNASストレージ再生に変更してみると濃厚ないつも聴いてるラズパイの再生音が。こうも違うか・・・びっくりです。

試聴結果は当社比ですが、3B+ USB>3B+ NAS>3B NAS>>>>>>>3B USBこんなイメージ。

ラズパイ3BならNASストレージ一択です。3B+は音の差が小さいので環境次第でUSBストレージとNASストレージを使い分ければ良さそうです。

TOKYO AUDIO BASE 2019

TOKYO AUDIO BASE 2019 来週末開催です。

今年は1月25日(金)14時から20時・1月26日(土)10時から17時の開催となっています。

去年は大盛況でしたので今年は広いスペースをご用意しました。メインスシステムの他にリーズナブルなシステムでサブシステムを組みラズパイで鳴らしてみたいと思っています。

その他、お年玉スピーカーやスペシャルドライバーを搭載したスピーカーの販売や新商品のデモンストレーションなど盛りだくさんの企画で皆様のお出かけをお待ちしております。