OM-MF5

今回はステレオ誌のムック マークオーディオ OM-MF5です。

2セット持っているのですが、箱を作る気力がありません…

そんなある日、OM-MF5の音がキンキンで聴くに耐えないとのレビューを目にします。

マークオーディオの関係者として見過せません。と言っても箱を作る時間がないので日本未発売のCESTI BのTWとして鳴らしてみます。

確かにOM-MF5は多少高域を持ち上げている部分がありますが。

少しもキンキンしないけど?

その方、安いフルレンジ?ドライバーを好んで使われているようです。推測ですが、高音がまともに出てないドライバーに合わせ、高音が強めに出る機材や箱のチューニングをしてバランスさせているのではないかと。それをそのままOM-MF5に入れ替えたため、機材の音がそのまま出てしまって、高音が強いとのレビューになったのではないでしょうか?

似なような経験を何度もしています。

某、上を向いたスピーカービルダー の方がおすすめするアナログプレーヤーのセッティングを試してみると、シャリシャリでとても聴けたもんじゃなかったんですが…

なぜそのようなセッティングを良いと思ってしまったかをよく考えてみると、多分ドライバーが上を向いているのでハイ落ちしており、シャリシャリなセッティングが合ったのではないでしょうか。

 

某エミッターレスのアンプを繋いだ時、音が詰まって大変困った事がありました。

残念な事にエミッターレスのアンプビルダーの方には詰まった音のスピーカーとの評価を下されてしまったのです。

後に元サンスイのエンジニアの方からエミッターを取るとアンプの音が何故か詰まる事を知るんですが…あんな詰まった音は後にも先にもあのアンプだけでした。

 

プロでもフラットなセッティング、フラットな評価って非常に難しいんです、ご自分の作ったものは可愛いですからね。素人さんは経験値的にもフラットな評価は難しいと思います。