アナログ電源

やっぱもっとラズパイオーディオの高みが見てみたい(聴いてみたい)なと思い、アナログ電源を検討してみます。

無線用のトランス電源は持っているのですが、15vまでの可変電圧なので電圧間違えてぶっ壊したくないし…(実は電圧間違えてラズパイ一個ぶっ飛ばしてます。すぐにぶっ壊れるんですね。)

そんなわけで5V固定電圧の電源がほしいなと。自作しようかと思いましたが知識もないし部品代だけでも結構な金額なので却下します。ヤフオクやアマゾンを覗いてみますが、スイッチング電源がほとんどです。こうなったらアリババかeBayかしかないなと覗いてみるとeBayにはゴロゴロしてます。出品されている電源ほぼ全部230vと115vが選べます。

115Vでよろしく! とテキトーな英語で発注。

ShippingFreeが選べたんですが、いつ届くかわからんのでShipping手数料を200円ほど支払って購入。

3週間ほどで到着。

早速インプット電圧を確認すると115Vにチェックしてありますがアウトプット電圧を確認します…ちゃんと4.98vでした、これで安心して繋げます。

すごくスムースで、メリハリがあり低音が良く出ます。一部の楽曲でデジタル臭いな…と思うことがあったのですが。実は

スイッチング臭かった!

押尾コータローのギターが滑らかで今までとは別物です。デジタルの再生ってまだまだやり残したことがあるみたいです。総額3万円ほどのラズパイオーディオがこんなサウンドを鳴らすとは。

PSEなんて無関係な電源ですので完全自己責任です、良い子は真似してはいけません。