I2S接続DAC 

ラズパイ+I2S接続DACを楽しんでいろいろな音源を聴き込んでいるとギター系にキツイ部分があったりVOLUMIO2のヴォリュームを100%にするとクリップしているかのような歪を感じます。

いろいろ調べてみるとラズパイのクロックの質が悪く音質を悪化させているみたいで、マスタークロックを搭載するDACが良いみたい。マスタークロックを搭載するDACが何種類かあるみたいですが、販売価格が高いものだとラズパイ本体の3倍も4倍もします。徐々にリーズナブルじゃなくなっていきます…

オーディオ師匠のIさんは外部クロックにしたり

http://www.ezto.info/stpress/2016/08/588.html

バランス出力にしたりしています。

http://www.ezto.info/stpress/2016/11/746.html

真似したくても私にはこんな技術もないので、スペック的にも価格的にも気になったDACがこれ。

https://www.hifiberry.com/shop/bundles/hifiberry-dac-xlr-bundle/

XLR端子を搭載しバランス出力でマスタークロックも搭載しています。

このDAC、単体だとひっくり返りそうだし、抜き差ししていると端子がもげそうです。おそらく専用ケースに入れて運用することを前提としていると思われます。

日本語レビューが全くありません、日本語サイトで売ってません。

めげずにスイスのHiFiBerryに直接発注します。

 

 

そんなわけで一週間ほどで無事届きました。

やっぱりXLR端子はぐらぐらだったのでホットボンドで固めて補強します、これでしばらく様子を見ます。