ミッシング ファンダメンタル

フィディリティムサウンドのブログで度々書かれている三次歪の事ですが、こんな記事を見つけましたのでご紹介いたします。

「ミッシング・ファンダメンタル」という聴覚現象があります。例えば1,800Hz,2,000Hz,2,200Hzの正弦波を加算すると,ほぼ200Hzの正弦波に相当する高さが知覚されるという現象です。これは,1,800Hz,2,000Hz,2,200Hz がそれぞれ200Hzの第9倍音,第10倍音,第11倍音になっているからです。「なんだ,やはりピッチは基本周波数ではないか」と思われるかも知れません。では,加算する正弦波の周波数をそれぞれ40Hzシフトして,1,840Hz,2,040Hz,2,240Hzにするとどうなるでしょう。これらの基本周波数である40Hzに相当する高さが知覚されるでしょうか。実は,ほぼ204Hzの正弦波に相当する高さが知覚されます。

社団法人 日本音響学会ホームページより抜粋

http://www.asj.gr.jp/qanda/answer/101.html

 

低域のマークオーディオの3次歪が優秀なことを示した表です、倍音をキレイに再生していることがわかります。

TozziOneのドライバーはたった5cm、周波数特性は90Hz~23KHzなのに倍音がキレイに再生されているので低音が知覚され、まるで大きなスピーカーが鳴っているかのように聴こえるようです。

http://soundpit27.exblog.jp/26669388/
■現在はTANNOY/ヨークミンスターGRの上に置いて鳴らしています。
人の声などを聴くと
下のスピーカーが鳴っているのかと思うぐらいの音で鳴ってくれます。
サウンドピット様 ブログより 抜粋